fc2ブログ
床屋と理容


床屋さんと理容師さんは同義語のように
使われていますが、
実際は全く違う事がわかります。




床屋さんの起源は・・鎌倉時代、元寇のころ


京都を警護していた北面の武士、藤原 采之亮が下関で床屋を始めた時に遡るわけです。


そして職業として定着したのは京都です。



安土桃山時代に織田信長が最初に月代を剃ったといわれ



文明開化で断髪か行われるようになった明治の初期までは


びんつけ油と柘植の櫛、髷を束ねる紐(もとどり)で丁髷が、


そして月代は日本剃刀とたらい等の道具を使って剃り上げる。


大銀杏は今の相撲部屋の床山さんがつくる力士の丁髷ですが、


身分や年齢、職業によって、多くの丁髷スタイルが生まれました。


この丁髷を結ってきたのが・  床屋さんです。

浮世床環境衛生協会



現在、自分を床屋さんと称して憚らない方もいらっしゃいますが、


私は、この床山さんのように髪を束ね丁髷を結う伝統的な仕事は一切したことがありません。


だから床屋さんではなく、理髪外科医をルーツとする理容師なんですね。


これから、時々このスマブロで

理髪文化を示すコレクションをこの欄で紹介させて頂きたいと考えております。


中央区環境衛生協会 大野悦司
スポンサーサイト